子供の卒業式・入学式出席 ヘアセットもきちんとしていたら素敵です

子供が何人もいると、小学校卒業~中学校入学・卒業~高校入学・卒業あたりの時期は毎年のように親もセレモニースーツを着る機会が増えます。

スーツは皆さん同じような感じなので、周囲になじむとあまり気にならないのですが、髪の毛の状態が意外と気になったという話をしたいと思います。

式の間座っているので前の席の人の頭がよく見える

下ろしたロングヘアがきれいに見えない

子供が小学校を卒業する頃だと40代のお母さんも多いですよね。

普段着のときは人の髪型はさほど気にならなかったのですが、服装がきちんとしているのに対して、髪の毛がボサーッと広がって目立つように感じました。

髪の毛が肩より下になる長さならばスッキリさせる工夫を

残念ながら40代にもなると若い頃より髪の毛もパサついてきますよね…

肩より少し下くらいの長さだとひとつにまとめるのは難しい長さですが、ハーフアップにしたり、ピンで留めたりして髪の毛が広がらないようにしたらいいのではないかと感じました。

きれいに髪をセットした後ろ姿がとても素敵だった

式の間イスに座っていて、きれいに編み込みして髪の毛をアップにしている方がいて素敵だったな…と数年経っても覚えている位なので、よほどインパクトがあったのでしょう。

後ろ姿しか見てなくて、どんな方なのか全くわからなかったのですが、スーツスタイルでアップスタイルって素敵だなと思いました。

私はといえばその時は髪は肩より長く、だらんと下ろしたヘアスタイル…

いっそのこと短く切ったほうがスッキリ見えるのでは?と感じた

その時は子供の中学校の卒業式でしたが、高校受験直前で遠い塾の送迎でへとへとだった私は美容院へ行く余裕がありませんでした。

だから余計自分の髪はボサボサで、すっきりときれいにまとめている方が素敵に見えたのだと思います。

そして特にセットもせず、ただだらんと髪を下ろしているだけなら短くしたほうがスッキリ見えていいのでは?と考えるようになりました。

首が見える髪型だとスッキリ感アップ

髪の毛が少し肩にかかる位の長さだとどうしても毛先がいろんな方向に向いてしまいますね。

それで、次に卒業式・入学式に出席するときは首が見える位の長さに切って行きました。

ロングヘアはタイムリミットがある…

子供が中学生・高校生にもなると母親の年齢も上がってきますし、美しいロングヘアをキープするのは難しくなってきますね。

今回はきちんとした服装をした時は、年齢とともに髪型や髪の毛の状態にも気を配ったほうがいいと思った出来事についてまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする