まんぷくロスに今から備える~あさが来たロスの失敗から

朝ドラ「あさが来た」ロス、ちょっとつらかったです。

きっと朝ドラ「まんぷく」も終わったら寂しくなるでしょう。

だけど同じ過ちは繰り返さないで済むパターンを考えてみましたので、書いてみますね。

春に終了パターンのドラマにハマるとつらい

ドラマは最初からいつ最終回になるか決まっています。

その中でも曜日の関係で3月末・4月初めに終わる朝ドラにハマった後の喪失感がひどいです。

新年度のバタバタ感・そわそわ感に心身がついていけない

私はもともと引きこもり気味なのもあり、気軽に連絡できるような相手がいるか微妙なところです。

特に新年度始まってすぐは連絡は控えています。

人に会って気分転換というのは難しい時期

引きこもりの分際で、仕事をしている知人にくだらない用事で連絡するのは避けたいところです。

単独で参加できるようなイベントも少ない

自治体や生協などが主催のイベントに単独で参加することもあります。

中途半端な顔見知りが一番苦手で、初対面が意外と平気な私の大切なリフレッシュ先で、ときどき利用しています。

ただ年度の始めはまだ企画がされていないことが多いです。

ツイッターで仲間を見つける

自分と同じように朝ドラロスになっている人たちもきっといるでしょう。

同志を見つけると多少癒されます。

朝ドラが終わる前に対策する

朝ドラの出演者つながり、脚本家つながりの別作品を探してみる

その朝ドラを気に入ったなら、出演者や脚本家の別のドラマを探してみて、観始めるといいですね。

気に入った出演者が悪役のドラマを観るのも、ハマりすぎを防ぐひとつの手ではないかと思います。

とにかく朝ドラ終了と共にぽっかり心が開いてしまう状況を避ける

何か夢中になれることがあると楽しいものです。

朝ドラが毎日の楽しみだったり、生活のハリになるようだったらいいのですが…

気持ちが沈んでしまうくらいだと、今後は同じことを繰り返さないように考えてみたほうがいいのではないかと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする